海南の家

伸びやかな住環境を創出する

丁寧な暮らしを日々重ねてこられた老夫婦の終の住処である。敷地は、もとより工芸の町として紀州漆器や和傘の伝統産業で知られている和歌山県北部沿岸部に位置し、気候は比較的温暖な瀬戸内気候に属している。古くからこの地で営まれてきた暮らしを椅子座中心の暮らしに焼き直し、伸びやかで包容力のある空間を求めた。
配置構成は、敷地形状及び接道状況、日射条件を考慮し、母屋を中心に西に車庫、北に主庭、東に菜園、南にサービスヤードを配し、車庫と母屋の間をメインアプローチとして、建物全体を軒先を低く抑えた片流れの大屋根で覆っている。 外壁仕上材には、経年におけるメンテナンスの容易さと耐久性を求め、外壁材の経年による変形の抑制を目的として、この地方で古くから使われる焼き杉羽目板張りを採用している。室内は、どこにいてもお互いの気配を感じられるよう、ワンルームにアルコーブをつくるような空間構成の中に、北庭からの反射光が室内にやわらかな陰影をつくり、空間に落ち着きを与え、南からの直射光がこれにアクセントを加え、屋内外を一体とする伸びやかで包容力のある住環境を創出している。

DATA

  • 所在地: 和歌山県海南市
  • 構造設計: 照井康穂建築設計事務所
  • 設備設計: 照井康穂建築設計事務所
  • 施工: 前窪工務店
  • 主要用途: 専用住宅
  • 敷地面積: 511.82㎡
  • 建築面積: 203.49㎡
  • 延床面積: 160.41㎡
  • 構造: 木造
  • 規模: 平屋
  • 空調: 低温温水式床放射暖房
    (熱源:空気熱源HP)、
    蓄冷床放射涼房+汎用エアコン(除湿利用)
  • 竣工: 2012年10月
  • 撮影者: 井上登

> 一覧へ戻る